国内ツアー

【1泊2日5月】小和田哲男先生と行く月山富田城と国宝松江城と備中高松城 ※出発決定

【1泊2日5月】小和田哲男先生と行く月山富田城と国宝松江城と備中高松城 ※出発決定

今回は「日本100名城」に数えられている3名城を回ります。

52,500円~54,000円

難航不落と言われた「月山富田城」、国宝「松江城」、水攻めの舞台となった「備中高松城址」という3つのお城を巡ります。
「月山富田城」「松江城」の2つの城を合わせてみると、戦国以前から江戸初期の城郭の返還がわかりやすいそうです。

☆参加者全員に小和田哲男先生サイン入り著書をプレゼント☆
地域
鳥取・島根
交通機関
バス
食事
朝食1回、昼食2回(内1回お弁当)、夕食1回
最少催行人数
30名様
添乗員
同行します
パンフレット
パンフレットを見る(PDF 190 KB)
お問い合わせID
小和田先生

おすすめポイント

【1泊2日5月】小和田哲男先生と行く月山富田城と国宝松江城と備中高松城 ※出発決定

【国宝松江城】

松江のシンボル松江城は全国で現存する12天守のうち、国宝の一つで唯一の正統天守閣ともいわれております。
関ヶ原合戦の後堀尾吉晴は、出雲・隠岐両国を拝領した子の忠氏と共に、遠江国浜松から月山富田城に入ったが、松江の将来性に着目して城地を移した。
城普請の名人であり、孫の忠晴を助け松江城と城下町を建設し、現在の松江市の礎を築いた。

【1泊2日5月】小和田哲男先生と行く月山富田城と国宝松江城と備中高松城 ※出発決定

【月山富田城(がっさんとだじょう)】

山陰・山陽十一州を手中に収めた尼子氏歴代が本城とし山陰・山陽制覇の拠点とした月山富田城は、その規模と難攻不落の城として、戦国時代屈指の要害でした。
また艱難(かんなん)辛苦に耐える悲運の武将・山中鹿之助の出た城として有名です。
難攻不落の要塞城と言われており、主家への忠義を貫いた山中鹿之助の銅像や供養塔、随所に残る石垣や石畳の古道が往時の面影を伝えています。
山中鹿介は明智光秀などにも協力してもらいなど最後まで尼子氏再興に尽力しましたが、再興を遂げることはできませんでした。

【1泊2日5月】小和田哲男先生と行く月山富田城と国宝松江城と備中高松城 ※出発決定

【備中高松城】

備中高松城は、戦国時代の転換期の舞台ともなったといえる重要な城です。
天下統一を目指す織田信長の命を受けた羽柴秀吉(豊臣秀吉)の参謀・黒田官兵衛の奇策「水攻め」にあい、和睦交渉の最中あの大事件「本能寺の変」が起こります。
秀吉は毛利方と急ぎ和睦し、「中国大返し」で天下統一の第1歩を歩み始めたともいえる場所です。

出発日と旅行代金

【出発日】
 5月12日(土) ※出発決定

【旅行代金】
 静岡駅以西発 54,000円
 (静岡駅・掛川駅・浜松駅)
 名古屋駅発  52,500円

スケジュール・ツアー内容

≪1日目≫
静岡駅発(7:17)⇒<こだま号>⇒名古屋駅発(8:50)⇒
<のぞみ号>⇒岡山駅(バスに乗り換え)⇒
<車内にてお弁当>⇒月山富田城(がっさんとだじょう)⇒
米子市内(宿泊) 夕食はホテル近くにて ※飲み物は別途

≪2日目≫
ホテル⇒国宝 松江城⇒総社(昼食)⇒備中高松城⇒岡山駅⇒
<のぞみ号>⇒名古屋駅着(18:53)⇒<こだま号>⇒
静岡駅着(20:19)

利用ホテル

ハーベストイン米子(シングル利用)

米子ワシントンホテルプラザ(ツイン利用)

その他ご案内

お申し込みは、054-634-1203またはWEBにて受付します。

同意書 | 各種約款・条件書 | 会社情報 | パンフレット請求・お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ | リンク集

【静鉄観光サービス株式会社】 〒420-8509 静岡県静岡市葵区追手町2-12 静岡安藤ハザマビル  電話:054-252-4191(代)
【静鉄観光サービス株式会社】
〒420-8509 静岡県静岡市葵区追手町2-12 安藤ビル
電話:054-252-4191(代)

PC版を見る

Copyright (c) Shizutetsu Travel co.,Ltd. All Rights Reserved.

pagetoppagetop